JAきたひやま

組合員専用ページ

準備中

文字の大きさ

JAきたひやまの紹介

組合長挨拶

 せたな町は北海道の南西部、日本海に面した檜山支庁管内の北部に位置しています。北部と南部に広がる山地の中間を後志利別川が流れ、北部には道南の最高峰狩場山などが連なっています。

 当農協地区では基幹作物の水稲を中心に、酪農畜産・馬鈴薯・ほうれん草等、多彩な農業が、行われております。
 また、金融・共済・購買・介護など各種事業を展開し、地域社会に必要とされるよう、取組をしております。

組合長写真
北檜山町農協 組合長
本井 治

JAきたひやま経営理念

基本理念(JAの使命)

 地域の経営資源(人・土地・資本)を最大限に活用し、農業並びに農村の安定的発展を目指します。

 組合員とのつながりを基本に置いた事業展開を進め、多様化する要望に的確に応えます。

 農業を基軸とした協同活動を通じ、地域の人々と心豊かで健康な地域社会づくりに貢献します。

基本目標

基本目標(JAのビジョン)
地域農業

食の安全・安心を基本として、命の糧を生産していることに誇りをもち、持続できる農業・農村の実現を目指します。

  • 営農支援を強化し、個人・共同・法人経営による多様な担い手の育成・確保に努めます。
  • 土づくりを基本とした環境にやさしい安全・安心な農畜産物の生産に努めます。
  • 個別の経営に応じた基幹作物・重点推進作物の生産振興と販売の強化をはかり、農業所得の向上に努めます。
組合員および利用者

JAらしい利便性と総合的な事業展開を行い、地域の皆さんに喜ばれる商品の提供とサービスの向上に努めます。

  • JAらしい特色ある商品やサービスの提供により、喜んで利用いただける事業推進に努めます。
  • 事業機能および施設の集約化を進め、利便性の向上に取り組みます。
  • 准組合員の加入を促進し、事業の推進をはかります。
地域社会

農業生産活動を通じて環境・景観の維持等に貢献するとともに、参加と対話により地域のつながりを深めます。

  • 農業の多面的機能により自然との共生をはかり、地産地消など”食”と”農”への理解促進に努めます。
  • 地域の活動に積極的に参加し、ふれあいを通じて豊かな地域社会実現に貢献します。
JA組織

組織基盤を強化し、協同と信頼の絆で結ばれた活力あるJAを目指します。

  • 女性および後継者の正組合員加入を促進し、JA経営への参加を通じて組織の活性化に努めます。
  • 組合員の主体的な参加と利用により、自らの有利性を高める協同活動に取り組みます。
  • 職員の資質向上と協同組合運動の共通認識を深め、活力ある組織づくりに努めます。
JA経営財務

経営の健全性を高め、組合員の負託に応えうる財務基盤の強化をはかります。

  • JA事業への結集を通じて協同の成果を高め、経営の安定化に努めます。
  • 継続的な事業推進、生産施設等の投資、リスク準備のために自己資本の充実をはかり、
    組合員の負託に備えます。
  • コスト削減と応益負担による部門収支の改善をはかり、経営の健全化に努めます。

シンボルマーク

JAきたひやま シンボルマーク

このマークは、
北檜山町農業協同組合の頭文字「北」と
農民の「の」を表し、
最後の線は個人個人を尊重し、
力を合わせて協力して
一つのものを築いていく姿を表現しています。

JAきたひやまについて

 当JAは、昭和23年1月31日午前10時から東瀬棚小学校で開催された設立総会で394名の出席のもと東瀬棚村農業協同組合として発足し、その後昭和28年町制が施行され東瀬棚町農業協同組合と名称を変更し、町村合併に伴う町名変更により昭和44年6月北檜山町農業協同組合と改称致しました。

 平成9月1日に 大成町、北檜山町、瀬棚町の3町が合併し「せたな町」が誕生いたしましたが、旧町の名称を引き継ぎ現在に至っております。旧北檜山町は渡島半島の西北に位置し、南は旧大成町、北は旧瀬棚町、東は目名川をもって今金町に界し、西は日本海に望んでおります。

 地勢は北部と南部が山地となっており、その中間を道内5番目の大河 後志利別川が流れ周辺に広がる肥沃な農耕地で、主要農畜産物として、米、牛乳、馬鈴薯、雑穀、ホーレン草を作付けしております。

代表理事組合長 本井 治

概要

準備中

組織図

関連ページ

沿革

ディスクロージャー

関連書籍

個人情報保護方針

お問い合わせ先

JAきたひやま 管理部 企画管理課

〒049-4595 北海道久遠郡せたな町北檜山区北檜山20番地

TEL 0137(84)5311

FAX 0137(84)4735